在籍確認を回避したい!その時どこを選ぶ?

勤務先への在籍確認

キャッシングとは切っても切れないのが勤務先への在籍確認です。消費者金融から自分あての電話が会社にかかってくるのは、できたら避けたいと思う方は多いのではないでしょうか。

 

また近頃は個人情報の観点からも、用件が不明な電話には答えないという方針の会社もありますので、在籍確認が電話では行いにくいケースもあります。銀行系のカードローンの場合、勤務先への在籍確認の電話は必ず行います。銀行名も名乗るので申込者本人には確実に取り次ぎができますが、要件も知られやすくなります。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

モビットは勤務先への電話確認なし

最近は消費者金融各社でインターネットからの申し込みが便利になってきています。その中でもモビットは、WEB完結という方法を選んで申し込みをすれば、在籍確認の電話が勤務先にいかずに契約する事ができるのです。

 

ただしWEB完結を利用するためには条件があって、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていないと利用できません。WEB完結では電話での在籍確認こそしませんが、他の方法で確認する必要がありますので、収入証明書や全国健康保険協会発行の保険証、組合保険証などが必要です。

 

WEB完結という名前の通りインターネットで全ての手続きを行いますから、書類のデータを送ったりする操作もできなければなりません。全ての条件をクリアしていれば、本人確認や勤務先への在籍確認など、電話でのやりとりは一切ありません。
審査の結果報告もメール1本で済んでしまいますし、そのまま契約から融資までは一気に進む事になります。

 

即日キャッシングの必要がある場合、WEB完結にはカード発行がありませんので、振り込みが間に合わない時間に申し込むと当日中の融資は実行できません。当日中の銀行振り込みを希望する場合、平日の14:50までに振り込み手続きが完了していなければならず、それを過ぎたら翌営業日になるので注意が必要です。

 

WEB完結の条件に合わない場合は、通常のカードキャッシングの申し込みと同じ手順になります。モビットでカードありの方法で申し込みをした場合、他の消費者金融と同様に在籍確認の電話はあります。

 

モビット以外の消費者金融でも相談してみる

銀行系はどうしても在籍確認の電話は避けられませんが、消費者金融系は相談してみると柔軟な対応をしてくれる場合が多いようです。職場に電話をかける事になったとしても、銀行のように会社名は名乗らず、担当者の個人名での電話が職場にかかりますので、用件は絶対にわからないようになっています。

 

また審査の申し込みを待っている間、本人が会社にいるとも限りませんが、仮に不在でも電話に出た人が「○○は今はおりません」などの対応をしていれば、それでもうその会社に在籍していると認めてもらえるので心配ありません。それでもやはり会社への電話が困るという事であれば、収入証明書や保険証、社員証などの書類で証明できるように準備する必要があるかもしれません。

 

各社で条件は様々ですから、事前に相談して揃えるべき書類について聞いておくとよいでしょう。在籍確認は審査の際にすぐ行われるので、回避したい場合の相談は審査申し込みの前に必ず行っておきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日