複数会社借入(多重債務)した額を、後に一社から一括して借入して返済

複数社借入れは即日キャッシングで

複数社借入れを希望している場合は過去の借り入れので延滞や返済しなかったなどの問題がない人は借入れが可能になることが多いです。ローンの利用だけではなくクレジットカードの利用などの記録は信用情報として、3機関ある信用情報機関内にて記録されて一定期間保管しています。

 

特に返済ができなかったり返済が遅れたなどの信用事故の情報は、カード会社や銀行などのあらゆる金融機関内で情報が交換されています。逆に過去に借り入れの履歴がない人は同時に複数社借入れを申し込むことも可能となります。

 

キャッシングの複数社借入れを計画する前に考えておくべきポイントがいくつかあります。借入の契約数は上で述べたように国内の機関に個人信用情報として記録されています。複数社から借入れの履歴は今後キャッシングや住宅ローンなどのローンの申し込み時、クレジットカードの新規発行の時など信用情報を扱う際において不利になる場合があります。

 

次に考えておくべきポイントは「総量規制」です。貸金業規制法という法律で借入希望者は借入額の総額を年収の三分の一以下に抑えることとされています。既に借り入れをしている場合は、複数社借入れではこのルールが適用された金額までの融資となり限度額ギリギリの場合は融資を受けることができなくなります。

 

例外として銀行が取り扱うキャッシングは総量規制の対象外となりますがしかし消費者金融等のキャッシングは総量規制の対象となってしまいます。したがって複数社借入れができるかどうかを決定するのは借入する個人に返済能力があるのかどうかとなります。

 

これは金融機関の「スコアリングシステム」という審査基準で予測し、どこまで融資できるのかや融資がそもそも可能なのかを決定します。これらのシステムで複数社借入れが可能と審査されて融資を受けることになった場合でも、注意するべきことがあります。

 

消費者金融では会社によって返済日や返済方法が違います。なのでどこの会社がいつ返済日なのか、いくら返済なのかなどの把握が困難になり、返済の遅れなどが出てきてしまう可能性があります。複雑な複数社借り入れの問題を解決する「おまとめローン」なども商品化されています。

 

おまとめローンって複数社借入れと違うの?

おまとめローンは、複数会社借入(多重債務)した額を、後から一社から一括して借入して返済するというやり方です。カードローンの場合は、基本的に複数の会社から借入するということはありませんが、お金の使いすぎて限度額になってしまった場合や簡単だからと借入してしまい、その額を返済するためにまた違う会社から借入してしまうという自転車操業的な悪循環をもたらしてしまう可能性も少なくはありません。

 

複数の会社から借入してしまうことにより、金利なども膨れ上がってしまいます。そして返済の期日や額もあやふやになり返済することができなくなってしまう可能性もあります。それを押さえるため一括して他の会社から借入の総額を借り、他の会社の借金を完済した後に一括で借入した会社に返済していくという流れを取るのが「おまとめローン」や、借り換えとも呼ばれています。複数社借入の問題を解決できるとあって人気の商品です。

 

おまとめローンのメリットは

 

  • 複数社借入をなくして一つの返済先にしたい
  • 複数社の手数料を少なくして返済額を減らしたい

 

などと沢山あります。

 

カードローンやキャッシングは、自身が借入した分と利息を手数料として支払う形になるのが一般的なので複数社から借入すればその分の手数料はどんどん複数の会社に手数料を払わなければいけなくなり返済額は増えてしまいます。支払わなくても良い額を多額に支払ってしまうので、負担ももちろん大きくなってしまいます。

 

また、カードローンやキャッシングでは、返済予定日をすぎたり、無視すると手数料分以上の遅延分の代金も請求されてしまう上、前述したように履歴に残りペナルティもつきます。これらを避ける為には返済先を限定した方がよいことが多いのです。

 

自身での管理が絶対に必要なカードローンですが、上手くいかなくなってしまった時はおまとめローン(借り換え)を利用してトラブルを避け、支払額も少なくする為に利用するケースもあります。複数社借入で重要なのは信用情報!簡単だからと複数社借入をしないでおまとめローンを考慮しましょう!金利もまとまり返済額が減ります!

 

まとめ

キャッシングをしてしまう方の多くは複数社借入をしてしまう可能性があります。本当に必要ならば、するべきなのですが場合もありますが、複数社借入を検討する前に一度今借入れしている会社の限度額の増額や、おまとめローンの利用の検討するようにしましょう!

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日